「保険」のプロフェッショナルが「安心」をコンサルティング!
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify

地震保険

2018年10月22日

今年は、大阪北部地震、北海道胆振東部地震と大きな地震が発生しました。
被害に遭われた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。


地震で被害に遭ったとき、頼りになるのが地震保険ですよね。

地震保険には「建物」「家財」の2種類あるのをご存知でしょうか?

「建物」のみ加入している場合、「家財」は補償されません!

「建物」が被害に遭った場合、「家財」も被害に遭う可能性は高いと思います。
「建物」が被害に遭わなかった場合や、それほど大きな地震ではなかったときも「家財」が被害に遭う可能性はありますよね。

被害に遭う可能性が高い「家財」にこそ地震保険をお勧めしたいと思っています。


地震保険は、保険の対象である建物や家財の損害状況により、支払われる保険金が決定します。
全損:地震保険金額の全額
大半損:地震保険金額の60%
小半損:地震保険金額の30%
一部損:地震保険金額の5%
と、損害の程度により分類され、支払われる金額が異なってきます。



液状化による被害は、以前、大半が半壊にも認定されなかったのですが、現在は地震保険が適用されるようになりました。


ちなみに、地震による火災は火災保険の対象外となります!
火災なのに…(>_<)

地震が原因で発生した損害は、「建物」「家財」ともに火災保険の対象外であり、地震保険が適用されるというわけです。


地震保険に加入さている方も、この機会に一度見直してみるのはいかがでしょうか?
不明点やご相談があれば、ぜひワイズラボへご連絡ください。
 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
コメントは受け付けていません。  comments