「保険」のプロフェッショナルが「安心」をコンサルティング!
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify

健康経営

2018年9月19日

「健康経営」とは、従業員の健康増進を重視し、健康管理を経営的な課題としてとらえ、戦略、計画的に取り組む経営手法をいいます。


従業員が健康だと、
・生産性の向上
・離職率の低下
・医療費にかかる企業負担減少
・企業のイメージアップ

といった効果が期待できます。


メリットしかないですね(^^♪



ワイズラボは、神奈川県のCHO構想推進事業所に登録しています!
CHO構想とは、健康経営を進める取り組みです。




また、横浜市健康福祉局の健康経営事業所の認定をいただくため、申請中です。
(12月にある認定会議で決定されます。ちょっとドキドキ…。)


具体的な取り組みとしては、
①健康宣言をする
②担当者を決める
③定期的な話し合いをする

などです。


取組方針は、
1.メンバー一人ひとりの自立した健康管理を積極的に支援します。
2.働き方の多様化に向けた取り組みと連携させて、メンバーと家族の健康の保持・増進、ワークライフバランスの実現、生産性の向上、多様なメンバーが活躍できる職場づくりなどを総合的に推進します。
です。


さらに!!!
経済産業省の健康経営優良法人にも申請をしたいと思っています(*^^*)


ワイズラボは、従業員みんなが、健康で楽しく仕事ができる職場を目指し日々がんばっています!
 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
コメントは受け付けていません。  comments