「保険」のプロフェッショナルが「安心」をコンサルティング!
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify

飲食業の3つのリスク

2018年8月29日

唐突ではありますが、
わたしにはたくさんの夢があります!!


その中の1つは「カフェ経営」です(^^♪



好きな音楽とおいしい珈琲を地域の方と共有したいのです。


カフェ経営(飲食業)には、いくつかリスクがあります。
そこで今回は、飲食業の3つのリスクについて確認していきたいと思います。



①従業員のケガのリスク
仕事中、従業員がケガをしてしまったときに必要なのが『傷害保険』。
労災で補償されているのですが、労災認定や給付決定には時間がかかることもあります。
傷害保険は労災とは別に保険金も支払われますし、なによりお支払いが迅速です!


②火災のリスク
火災が発生した場合、店舗や設備、商品等に損害を与える可能性があります。
修理が必要な場合は、休業もしくは規模を縮小して営業しなくてはいけないかも…。
そういった休業期間中も、家賃など一定の固定費は掛かりますし…。
そのために必要なのが『火災保険』!!
設備や什器も補償されるので心強いですね!(^^)!


③食中毒のリスク
飲食店で提供した食品でお客様が食中毒になった場合、治療費や慰謝料を支払う必要があります。
そんなときは『生産物賠償責任保険(PL保険)』です。
食中毒などで賠償責任が生じたときに、その賠償金を補償してくれる保険です。
しかし、食中毒は出さないよう徹底的に衛生管理をすることが必要ですね。(`・ω・´)


まとめると

飲食業のリスク対策としては、
傷害保険
火災保険
賠償責任保険

の3つ保険が有効です!
 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
コメントは受け付けていません。  comments