「保険」のプロフェッショナルが「安心」をコンサルティング!
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify

未来のビルゲイツとの打ち合わせ

2018年7月20日

な、なんと!!私の社会人史上、最年少の方との打合せをしました!
Oくん。12歳の小学6年生です。
HP作成ができるとのことで話を聞きたくてお呼びしました。


Oくんは赤坂にあるフリースクール「IFラボ」に通っています。
得意分野はプログラミング。
元プログラマー?SE?の私としては興味津々。


まずは名刺交換。
「はじめまして。」
O君、初めての名刺交換で緊張しているようでしたが
私も同じくらいドキドキしてました(〃ω〃)

「Oくんは言語は何が得意なの?」
「どうやって覚えたの?」
「今までどんなものを作ったの?」
聞きたいことが溢れてきます。

「得意な言語はVBで、独学で覚えました。
ベタ打ちで作ったものがコレで、テンプレートを使って作ったものがコレです。」



「・・・・・」(私、しばし絶句)



小学6年生が独学でそこまでのものを作れるとは思いもしなかったのデス!

すこ~しだけこちらの要望を伝え、あとはお任せということで
デザインから制作まですべてを一任しました。
どんなホームページが出来上がるのか想像がつきません。
しかしながら、すでにプロフェッショナルとしてのセンス、
ユーザビリティの視点をもつ少年です。
しかるべき大人がサポートすることで
企業の顔としての秀逸なホームページが完成すると期待しています!



世間一般では、子どもは子どもらしく学校に通い
決められた勉強をしなければならないのかもしれません。
しかし、ワイズラボは『得意なこと』をもっと伸ばすことが重要と考えます。
子どもが大人同様にビジネスしたっていいじゃないですか。
今回のような機会はOくんにとっても、会社にとっても大きなチャンスです。
何か大きなブレイクスルーがあるかもしれません。
お客様に必要とされるワイズラボであるために
これからもいろいろな取り組みにチャレンジしていきます!


 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
コメントは受け付けていません。  comments