「保険」のプロフェッショナルが「安心」をコンサルティング!
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify

経営者生命保険の役割

2018年7月19日

先日、私が加入した保険があります。

それは、『経営者生命保険』です!

一体、経営者生命保険にはどんな役割があるのでしょう??



1. 経営者の万が一を保障
経営者の方は「自分に万が一のことがあったとき、会社は大丈夫だろうか」と心配になることはありませんか?
中小企業の場合、経営者に何かあると会社が倒産してしまうほどのダメージを受けてしまうことも少なくありません。
そんなとき、経営者生命保険に加入しておくと、様々な保障をうけることができます。



2. 退職金の積み立てに利用
将来の退職金を準備しておこうと思っていても、なかなか貯めることができないという経営者の方もいらっしゃると思います。

わたしは「そんなことない!」と思っていますが(;^_^A

そんな方は、保険料を退職金として積み立てておくのはいかがでしょうか。
保険の解約返戻金というかたちで、退職金を積み立てることができます。
もしも、退職金を現金で積み立てた場合、会社全体の利益として扱われるため、税金の負担が大きくなります。
退職金と生命保険は相性よくて、税理士の方からよくご紹介があるのは、そんな理由からです。


経営者生命保険を利用すると、

節税をしながら、
保障を受けつつ、
退職金を貯める


ことができ、一石三鳥です!



わたし自身だけはなく、従業員のみなさんのことも考えると『経営者生命保険』に入ってよかったなと思う今日この頃です。
 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
コメントは受け付けていません。  comments