「保険」のプロフェッショナルが「安心」をコンサルティング!
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify

新着情報

最新のお知らせ


2018年6月5日 : 先進医療特約
先進医療特約って聞いたことありますか?

そもそも、先進医療って何だろうと疑問に思う方もいらっしゃるのでは??


先進医療とは、「一般の医療水準を超えた最新の先進技術」として厚生労働大臣から承認された医療行為のことを言います。
2018年5月1日現在、91種類もの先進医療があります。



・・・む、むずかしい(;´Д`)



たとえば「がん」になったとき。
先進医療の「重粒子線治療」などを選択肢の1つとして考えたくなるかもしれません。
ちなみに、重粒子線治療費は約300万円かかります。



「重粒子線治療」のことはよくわからないけど、治療の選択肢が増えるのはいいことだね\(^o^)/
でも、高額だね・・・。



つぎに「白内障」。
60歳を過ぎると65%、70歳を過ぎると80%の方がかかっている白内障!
「多焦点眼内レンズ」を用いた白内障の治療は先進医療です。
自分や家族が治療を受ける日が、遠くない未来にやって来るかも!?



・・・確かに、遠くない未来だ!!Σ(´∀`;)



では、なぜ先進医療特約が必要なのでしょう?





それは、先進医療に係る費用は、健康保険対象外となり、全額自己負担のため、高額になる場合があるからです!



でも、先進医療特約があれば、先進医療に係る費用が給付されるので安心です!!




バンザーイ\(^o^)/



先進医療特約は、病気になったとき、お金の心配をすることなく先進医療を選択することができる、そんな特約です。


ちなみに、先進医療を実施している医療機関は、特定の病院に限られているのでご注意ください。
【参考】先進医療を実施している医療機関の一覧(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan02.html


また、先進医療費は医療費控除の対象となりますので、領収書はたいせつに保管をお願いします(^_-)-☆

2018年5月15日 : 自動車保険の特約
さて、ここでクイズです。
(急に?!)


自動車保険の特約で、最も重要な特約はなんでしょうか?!


それは・・・

弁護士費用特約

だと私は考えています。


被害者が過失ゼロの事故の場合、自分で加害者側と交渉することになりますが、一般の方にとって示談交渉は難しく、大きな負担を負うことになるでしょう。

そんなとき、弁護士に相談したいなと思いませんか?
でも、弁護士費用って高額なイメージがあり、躊躇してしまう方もいらっしゃるのでは?


だからこそ、弁護士費用特約です!!




弁護士費用特約は、主に示談交渉などの事案にかかった費用が補償対象となります。
この特約の1事故1名あたりの限度額は300万円です。

300万円を超える費用は被害者の自己負担となりますが、交通事故で弁護士費用が300万円を超えるケースはそれほど多くはありません。


弁護士が示談交渉をしてくれることにより、

自身の手間が省け、

精神的にも楽になる

というメリットがあります。


弁護士費用特約は年間数千円でつけることができるので、ぜひ!

2018年4月24日 : 自転車に乗っていますか?
ご自身やお子さんが自転車に乗っていて、ヒヤっとした経験ありませんか?!


最近、スポーツタイプの自転車や電動アシスト自転車の販売台数が増加しているそうです。

その結果、自転車と歩行者の交通事故も増加傾向となっています。


そうなると、自転車保険に加入した方がいいのでは?と考えますよね!


そんなときは、個人賠償責任保険♪


個人賠償責任保険に入っていると、自転車に乗っていて他人にケガをさせた場合、保険金が下りるのです!

しかも、飼い犬が人を噛んでケガをさせた場合にも保険金が降ります!!


し、しかも!!!


個人賠償責任保険は、火災保険や自動車保険の特約として、わずかな費用でかけることができます。


また、個人賠償責任保険の魅力は、保険料の安さだけではなく、補償の対象となる人の範囲が広いことです。


その家の生計維持者などが加入した場合、
・本人
・配偶者
・同居の親族
・生計を一にする別居の未婚の子
(仕送りを受けている学生など)
と、ほぼ同居している家族全員をカバーすることができます。


ただ、自転車に乗っていてご自身がケガをしたときは、

自転車保険:補償される
個人賠償責任保険:補償されない


のでお気をつけください。


みなさん、身の安全を守るためにも、自転車に乗るときはヘルメットを忘れずに!



2018年4月11日 : 地震保険って?
耐震、免震構造マンションにお住いの皆さま。
地震保険には加入されていますか?


個人で加入している地震保険が適用されるのは、マンションの専有部分のみとなります。
では、もしマンションが倒壊するほどの大地震が起きた場合、どうなるのでしょうか?

個人で加入している地震保険の保険金で、建て替えをすることは出来ませんよね。
その場合は、管理組合で加入している保険が適用となります。


では、個人で地震保険に加入する必要はないのでしょうか?


地震により建物に問題がない場合でも、家財が破損する可能性があります。
実際に、東日本大震災でも、都心部のマンションは建物には問題がなかったのですが、家財に損害が出たケースがありました。

こんなとき、地震保険が適用されます!


また、地震によって火災や津波が起きた場合、適用されるのは火災保険ではなく地震保険になります。
地震によって火災が発生し、専有部の一部が燃えてしまった場合、地震保険が役に立つわけですね !


現在、地震保険に加入されている方も、されていない方も、
今一度いろいろな視点から考えてみるのもいいのではないでしょうか。


まずは、身の安全を守るために、皆さまもヘルメットを !


2018年2月6日 : 「僕にもホスピタリティーの精神を!」の巻

皆さま、2月になりましたね。
バレンタインデーですね
わくわくしますね!!


弊社に一足早い「春」が訪れました。


ご紹介します(*´▽`*)尾崎さんです♪







弊社の「人間社員」は女性2名となったわけですが
2人共、過去の仕事内容は様々です。

お客様サービスの充実を図るためにはサービスを提供する社員のホスピタリティーと併せて、モチベーションアップや明確な目標設定も必要だと考え、資格手当を支給する事にしました




2人共、それぞれ資格取得に向けても日々奮闘中の様子です!